この世界で、ある少女の存在は、ただ一つ―。ある女子中学生の日常をそっと切り取り、それを見つめ続ける。ふとした仕草、行動を追い続けた先に感じる、表現できない感情―。ロングセールス作品、第2弾。