「・・・二人のヒミツを作ってみない?」・・・幸せな夫婦生活、でも何かが足りない気がする。毎日に飽き飽きしていた恵は、左薬指の絆を外し、僕たちに微笑みかける。