最初に彼女に会った時の印象は、ハキハキした 受け答えが長~い脚とひと昔前に流行った、 ストレートヘア-の「ワンレン」を思い起こさ せるロングヘア-と相まって、超キャリア系の 女って感じだった。冗談もよく通じたし、こ んな良い女が本当に俺のモデルなんかやって くれるのだろうかと半信半疑でスタートした 撮影でした。 ところが撮影が始まって、「レンズを見て!」 と私が言っても、彼女は自分の体をなで回す 自分の指先に神経を集中しているみたいで、 いっこうにカメラに目線をくれないのだ。 しょうがないので私は彼女のなすがままにカメ らを動かして、顔のアップを延々と撮り続けた のだが、それが演技ではない目の表情に一瞬 ドキッ!とさせられ、カメラはパーンして股間 の指先にくぎずけになり、しばしそのまま。 そんな事の繰り返しで、格好いいキャリアウー マンの昼の顔とはまったく正反対の夜の顔を 盗撮風に狙ったかのような出来上がりです。 格好いい長~い脚の描写は今回は特に念を入れ て長回ししてみました。 スタイル抜群で、頭脳明晰な良い女の撮影は 久しぶりでした。(他のモデルをけっしてけな しているわけでは有りません、念のため) 自分で撮影してドキドキしたモデルは本当に 久しぶりで・・・。 これからもこんなモデルを撮れたらいいなー と思った撮影でした。