前作以上にセクシー度が増した感じの月見栞のエロスの塊に、 ノックアウト寸前の映像が次々に展開されて行きます。 そして彼女のどこか上品な一面とエロさとのギャップに思わず 引き込まれて行く事でしょう。